医食同源健康の源は食事からという

医食同源、健康の源は食事から、ということで日常の食事を節制する方は多いですね。

中でも「身体の為に、コレステロール値に気を配っているんだ」こんな声、たくさんいらっしゃるようです。

高脂血症、果ては動脈硬化といった生活習慣病、これらはコレステロール値が高いと挙げられます。

では低ければ低いほど健康的か、というと、そうではありません。

数値が低すぎるとうつを引き起こしてしまうんです。

極端に振れることなく、バランスの良い食事を摂って病気とは無縁の生活を送りたいものです。

国内における死亡原因の上位を見てみるとまず癌が第1位であり、それに引き続いて心疾患、脳血管疾患で命を落とす人が多いのです。

こうした病気を招いてしまう原因となるのが健康に弊害をもたらすことで知られているコレステロールなのです。

自分のコレステロール値を定期的に測定することが病気にならないための最初の一歩となるはずです。

人間ドックなどでも血液検査をしてコレステロール値を調べてくれたりしていますが、検査を受けに行くことが何らかの事情によって無理だと言う人はより手軽な方法として自宅で採血する検査キットの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

ドラッグストアやインターネットなどで購入できるというのも、検査キットの便利なところです。

いわゆる飽和脂肪酸は、食べたときに体内に入ったコレステロールを吸収しないように予防できる効果と、食べたときにコレステロール値を下げるような効果があります。

しかし、飽和脂肪酸は体内でコレステロールの量を増加してしまうような効果があるようにいわれています。

よくいわれるように不飽和脂肪酸は背の青いお魚や植物油に含まれます。

飽和脂肪酸は牛とか豚、鶏の肉のように動物性の脂に含まれているそうです。

飲酒がコレステロール値の上昇につながると思っている方も大勢いらっしゃると思いますが、お酒がコレステロール値を高くする原因ではありません。

でも、お酒には食欲増進作用が含まれていますので、飲酒すると過食してしまう、食べ物の中でも脂っこいものを食べ過ぎてしまうことがあります。

原因として考えられるのは主にこれです。

コレステロール値が低くない人はお酒のおつまみを改善しなければなりません。

飲み薬を飲んできたものの、イマイチ効果を実感できなかった人に耳寄りな情報です。

2016年1月、レパーサ注射薬の製造販売が厚生労働省に承認されたのです。

高コレステロール血症の患者さんに高い効果を発揮するこの薬は、クリニック、または、自宅で注射を行います。

でも、2016年4月の現段階では、在宅で、自分で注射が可能な薬剤としては認められることはありませんでした。

しかしながら、高コレステロール治療薬として極めて有望で、今後、有力な選択肢になりうると言えるでしょう。

今までのコレステロールの基準値というのは、どのような男女でも140ミリグラムから199ミリグラムと言われてきましたが、新しい基準値は男性だと154から254ミリグラム、女性だと145ミリグラム以上280ミリグラム以下になりました。

重ねて女性は年齢によって異なりこれ以上に細かく分けられていて、30歳から44歳の方の場合は145から238ミリグラム、45歳から64歳の方の場合は163から273ミリグラム、65歳から80歳の方は、175ミリグラム以上280ミリグラム以下となっています。

健康診断の時にコレステロールが高いとわかったら、好きなだけ食事するのをやめますか。

または何か運動したくなりますか。

その場合効果的な運動方法は、有酸素運動です。

有酸素運動でゆっくり長時間動くとその分筋肉が欲する酸素量は多くなり、心拍や脈拍が多くなり血液の流れがよくなります。

それによって、善玉コレステロールが増加し、悪玉コレステロールの量は少なくなります。

有酸素運動として最も有名な水中歩行やウォーキングが最も良い効果を生み出します。

あらゆる薬の中で世界中の人が最も多く買っている薬というのが、スタチンと呼ばれる、コレステロールを抑える薬になります。

なんとたった一日で3000万人の人が使っている計算で、何らかの副作用が出るのは明らかになっています。

コレステロールを下げるだけの効果でいいはずですが、すごくたくさん飲んでしまうと、鬱の症状があらわれたり、筋肉が溶けるなんてこともあるようです。

多くの人がかかるのが、症状が一時的に見られる全健忘です。

スタチンを飲んだら、気づいたのが数時間後なんてことがあれば、すぐ使うのをやめてください。

コレステロール値が高い状態は健康上問題だとされていますが、とにかくコレステロール値を落とせばいいと思って食事制限をすることは、却って健康に良くない影響を及ぼします。

コレステロール値は低い状態に保つのが良いと考えられているようですが、反対に病気の要因となってしまうことがあるとされています。

必要以上にコレステロール値を抑えすぎてしまうと、それと共に免疫機能も落ちてしまうこと要因となってしまうからです。

コレステロール値の低下による病気の発生を防ぐためには、過剰なダイエットをしないことが重要です。

身体の機能維持に欠かせないコレステロールは、7割から8割が我々の身体の内部で生産され、2割から3割を食事として口から取り入れます。

身体の中で作られるコレステロールのうち、6、7割は我々の肝臓で作られるのです。

私たちの肝臓は身体の中のコレステロール濃度を調節する役目も果たし、食事からコレステロールを摂りすぎている際には、コレステロールの合成にブレーキをかけたり、コレステロールを分解する方向に活動をシフトするのです。

日本があぶない!中性脂肪サプリ口コミの乱